院長の独り言

院長の独り言
京都インターハイ

 

京都インターハイ


 
お盆明けのところで夏季休診をさせて頂き、競泳のインターハイにチーム帯同して参りました。


しかしながら上位入賞を狙った種目では、8位まで進める決勝に予選9位、10位で進めず…
全体としても自己記録更新率が低く、トレーナーとして結果の残せない大会となってしまいました。涙


インターハイに出場するような選手は、競技最優先でこれまでの人生を歩んできているような人ばかりです。

今回の大会で、そうした3年生のほとんどが水泳を引退します。
 
 

 
彼、彼女らが
これまで多くのことを我慢したり犠牲にして、水泳に打ち込んでくれてきたことを知っています。

だから最後の晴れ舞台を飾れなかったことを寂しく、悔しく思います。申し訳なく思っています。

コンディションが上がらないのはやはりトレーナーのせいなのですから。


しかし
こんなトレーナーに対し、選手は身体は良かったです、ありがとうございましたと言ってくれました。


まったく…です。
人が良いにも程があります。笑


ダメなところは言ってくれないとトレーナーとして成長出来ないじゃないですか!
 
後輩達に同じ悔しさを味あわさせないために、トレーナーも成長しなければいけませんから。

 

 

今回と同じメンバーで戦うことは2度とないのですが…

次回のトレーナー帯同ではもっともっと良いものを選手に提供出来るよう、まだまだ成長していきたいと思います!

 

 

下の写真は帰りの京都駅で食べた八条バーガー(780円!)。

大きなパン、お肉に湯葉と柴漬け、水菜(壬生菜?)が入ってます。

想像以上に美味しかったです!

八条バーガー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

«一覧に戻る

上に戻る