院長の独り言

院長の独り言
39.ベッドカバー

ここのところ体幹をテーマに少々難しい話が続いています。

ので、ちょっと箸休めで接骨院内のことを。

 

 

接骨院を開業して10年以上経ちますから、いろいろなところが消耗してきています。

治療用のベッドでは、患者様に動いて頂くので結構擦れてしまいます。

気が付けばベッドカバーも薄い部分が出てきて…穴が開いてきてしまいました。涙

 

 

参ったなぁと思っていたら、女子スタッフが空き時間に何やらやっています。

そう、穴の開いたところを手縫いでチクチク補修していてくれたのでした!

(写真左を拡大したのが写真右です。裏から布を当てた上で細かく補修してくれているのがお分かり頂けるでしょうか?)

008 007

女子スタッフ様様です。

本当にありがたいことで、感謝しています。

普段院内を忙しく駆けずり回っている彼女たちですが、こんな細やかなこともして院内を盛り上げてくれています。

 

 

院内には他にも経年劣化が見られるところがあります。

皆様もお気付きになったことなどございましたらなんなりとお伝え下さい。

今後も随時補修など行っていき、快適な接骨院となるよう努めていこうと思います!

 

 

 

 

«一覧に戻る

上に戻る