院長の独り言

院長の独り言
128.ナマケモノストレッチ

接骨院に通えなくなっている方々からのご要望を受け、普段本院で行って頂いているストレッチをご紹介していきます。

 

今回はリビングで横になってTVを観ながらでも行える、名前の通り怠け者(ナマケモノ)でも出来てしまうストレッチです(^^)

 

 

クロールの呼吸をする時のように片腕を耳に付けるように上へ、他方はバランスを取るように任意に下に置きます。この時上にのばした腕は根元から捻って手の平を上に向けます。

この時上に伸ばした手と膝がなるべく遠くになるように(お尻が浮かないように)うつ伏せになります。

ナマケモノストレッチ1

両膝を立て、左右交互に倒します。左腕が上の時は、右に脚が倒れた時に股関節~脊柱~左肩甲体~左上腕~左前腕とストレッチされます。

 

ストレッチする側も反対側も上半身(胸、脇の下)が浮かないようにして下さい。

ナマケモノストレッチ2

 

脚が戻る際にストレッチされた筋が緩みます。これも非常に重要なので、ストレッチ感のみに意識をおくのではなく、筋が緩むことにも意識を置いて脚をしっかり戻しましょう。

 

 

身体を大きく動かすストレッチですので、効く箇所は人によって異なります。

上肢、下肢と体幹を繋ぐ部分が大きく動き、ストレッチされると同時に動きを作り出していきます。

 

 

ストレッチの基本通り呼吸を止めず、伸びる時にしっかり吐けるようにして下さい。

1往復を1回として1セット15~20回、リラックスして無理なく大きく足を倒して下さい。

 

 

なお、ナマケモノストレッチには沢山のバージョンがあります。今回ご紹介したものは基本形となります。腕を置く位置、置き方、脚の振り方など様々なバリエーションがあります。

これについてもまた機会を作って説明させて頂きます(^^)/

«一覧に戻る

上に戻る