院長の独り言

院長の独り言
68.リダクター

お正月は暖かかったものの、ここのところ寒くなりましたねぇ(><)

 

%e3%83%aa%e3%83%80%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bc

写真は座位整復台(ザイセイフクダイ)にて脊柱(背骨)の処置をしているところです。

 

この寒い季節に裸になってしかもあの金属製の器具を当てるなんて…。

見るだけで寒そうです。涙

 

でも、安心して下さい!

そんなに寒くないですから!

(まさか、今さらこのフレーズ!)

%e3%83%aa%e3%83%80%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bc

室温は外に比べて相当温かく設定されています。

また金属製の器具、リダクターも今冬より写真のようにホットパックで温めています。

 

構造医学では冷やすことが多く、他所では冷えるからヨシ!とされる先生もいらっしゃいます。

私もヨシ!とは思っていなかったのですが、これまで寒くならなくする術を考え付かなかったもので…

やってしまえば何とも簡単なものですね。

 

いつでもタイミング良く温められる訳ではないので毎回、

“あったかいんだからぁ~♪”という訳にはいきませんが。

(もう誰も言わなくなったフレーズ再び!)

 

ブログを読んで寒くなったという方、今回はご容赦を。笑

 

治療では寒さを感じてしまう機会がなくなるよう、今後も試行錯誤していきたいと思います。

 

«一覧に戻る

上に戻る