院長の独り言

  • 院長の独り言
    体幹損壊

    少し前に体幹の重要なパーツである肋骨を負傷した話を書きました。

    その中の“肋骨負傷とトレーニング”の回で「体幹部分も剛体として…」などと書きましたが…

     

    ご存じの方も多いかもしれませんが、「剛体」とは本来物理、力学の用語です。

    本来の剛体とは、決して変形しないような大きさのある物体のことです。

     

    つまり身体のどのパーツも決して剛体とは言えませんね。

    漢字がなんとなくイメージを伝えてくれると思い、用いてみました☆

     

     

    クレーン車は車体を地面に固定させ、クレーンがケーブルを介してモノを持ち上げます。

    レッグプレスを行う際をクレーン車に当てはめてみます。

    クレーン車レッグプレス

    体幹部分は剛体のように動くことはなく、地面に固定された車体の部分となります。

    おもりを持ち上げる脚はクレーン部分で、固定された部分に対する移動部分となります。

     

    車体が地面に固定されるように、体幹は固定部分として動かないことが重要になります。

    固定部分が動かないで安定するがゆえに、クレーンにあたる脚は力強く正確な運動を行うことが出来るのです。

     

    人体とクレーン車は似た作りの部分があります。

    クレーン車は固定された車体にケーブルが付いていて、

    それが伸び縮みすることも併せてモノを持ち上げたり降ろしたりします。

     

    人体も体幹部分から四肢へ向かって筋肉が走行しています。

    一本一本の筋肉は長くないのですが、単に脚を伸ばすような運動でも多数の筋肉が連動して行われています。

     

    レッグプレスを行っている際、体幹部分は剛体のように動かないのが良いのですが、それは骨格系の話です。

    中身の筋肉系は大きく伸び縮みしているのです。

    そう、クレーン車のケーブルのように。

    レッグプレスクレーン

    写真の黄色線は、レッグプレスで錘を持ち上げる際にメインで使われるおおまかな筋肉の流れです。

    体幹である上半身は見た目動いていませんが、ライン上にある背中の筋肉もしっかりと活動して行うのが

    我々の考える良いレッグプレスです。

     

    人体とクレーン車の違いは、ケーブルでしょう。

    人体でケーブルにあたる筋肉はそれ自体伸縮自在で長さが変わります。

    これに対してクレーン車のケーブルは長さが変わらない代わりに巻き上げることが出来ます。

     

    人体ではクレーン、車体部分(骨格系)とケーブル部分(筋肉系)

    の両方が連動して機能すると、非常に効率的な運動を行えます。

     

     

    私がトレーニングで肋骨を悪化させてしまったのは、肋軟骨あたりにヒビが入ったためでしょう。

    よく痛めるところなので油断したのですが、肋骨が腐食した柱のように弱体化していたため

    筋肉のひっぱりにあっけなく負けてしまったのです。

     

    結果、体幹は剛体のような機能を果たすことが出来なくなってしまったのです。

     

    肋骨は体幹として非常に重要なのにウィークポイントになってしまったので、

    今後も気を付けていきたいと思います。涙

  • 院長の独り言
    さくらさく

    開花宣言してから、ようやく見ごろになってきましたね。

    都内では最近目黒川が桜の名所としてプッシュされてるようですが…

     

    高田馬場には神田川があります!

    IMG_2234[1]

    写真は今日の昼過ぎ、都電荒川線面影橋駅付近で撮影したものです。

    今はありませんが、満開を過ぎると水面が桜の花びらに覆われます。

    散る寂しさもありますが、桜を2度楽しめるとも言えますね。笑

     

    IMG_2236[1]

    こちらは高戸橋交差点。

    この場所は午前中の日差しが少ないためか、今日の午後時点では一分咲きくらいでしょうか。

    (都電の後ろの木が桜で、昨年は浅井先生が嘆き節で写真を挙げてくれました)

    IMG_2238[1]

    ここは桜と都内唯一の路面電車のコラボ写真を押さえられる、最高の撮影スポットです。

    今日はこのスポットに人は少なかったですが、明日以降は人が増えそうです。

     

     

    都電も見られる高戸橋交差点は、接骨院から新目白通りを東へ徒歩5分程度です。

    そこから神田川沿いの桜並木へは徒歩1分程度です。

     

    神田川沿いの桜は江戸川橋まで続いていて、この時期の歩行には最高のコースです(^^)

    皆さんもご来院のついでにちょっと足を延ばしてみて下さい☆

     

     

  • 院長の独り言
    第二の故郷へ

    2月、3月の土曜日がイレギュラーな診療となった理由、第2弾ですm(__)m

     

    第2弾の理由は大学・大学院時代を過ごした第二の故郷である鹿児島県鹿屋市に

    小旅行に行ったためです。

    写真は鹿児島のシンボル、桜島です。

    IMG_2179[1]

    土曜日の夕方に開催された大学院の指導教官であった田口先生

    (ミュンヘン五輪平泳ぎ100m金,200m銅メダリスト)

    の退職記念パーティーに出席するためにお休みさせて頂きました。

    IMG_2180[1]

    田口先生はもちろん、久しぶりにお会いする先生方、先輩、後輩、

    そして同期の水泳部の仲間と楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

     

    この旅行に行くにあたり、せっかく専門の先生方にお会い出来るのだから

    日頃接骨院で感じていることを話してこようと考えていました。

    教科書や本に載っていないが非常に効果を発揮しているオリジナルの

    トレーニングメソッド、神経-筋に対する考え方などなど…

     

    しかしこうした仕事絡みの真面目な話は、久しぶりの顔を見ることで

    すべて吹っ飛んでしまいました^^);

    話してきたのは結局昔話など楽しい話ばかり…

     

     

    ただパーティー翌日はちょっとだけ勉強的なものもしてきました。笑

    数年前に出来た母校のスポーツパフォーマンス研究棟を、見学してきました。

    IMG_2185[1]

    学生時代大変お世話になったバイオメカニクスの松尾先生に、日曜日にも

    関わらずご案内頂きました。

    ご紹介頂いたものの一つがこれです。

    IMG_2188[1]

    この陸上の走路、良く見るとレーンの下に何かありそうなのが分かるで

    しょうか?

    ここにはフォースプレイトという、地面に伝わる力の強さや方向を解析

    するための板が埋め込まれています。

     

    良く見ると走路のずっと先まで埋まっているのですが、その距離なんと

    50m(50枚)です!

    私が大学院生時代に行った測定・実験で用いたのは1枚のフォースプレ

    イトでしたから、たまげました。笑

     

    なお、50mもの長い距離にフォースプレイトを埋め込んだところは世界

    中でここだけだそうです。

     

    走路は先にあるシャッターを上げると110mまで伸び、実際のトレーニン

    グにも十分な距離になります。

     

    またスターティングブロックも通常のものと違って左右が別々なため有効

    な測定が可能なものとなっています。

     

    こうした研究側からもアスリート側からも考えられた利便性の高い素晴ら

    しい施設でした。

     

     

    ちなみに私も大学院時代にフォースプレイトと映像を組み合わせて歩行や

    トレーニングの測定を行い、指導を受けました。

     

    測定の基礎の基礎の部分まででしたが。苦笑

    ただこうした経験が現在の治療や歩行などの動作指導に活きていると自負

    しています。

     

    今後もこれまでの常識が覆るような科学的な研究がなされることと

    思います。

    新たな知見にも触れながら、流行に流されないしっかりとした治療、

    トレーニングを行っていきたいと思います!

  • 院長の独り言
    長谷川さんご結婚!

    2月3月の土曜日は診療がイレギュラーな形態になり、ご迷惑おかけいたしました。

    どうしても外せない予定が続いてしまいましたので…

     

    そのうちの1つが長谷川雄太さんの結婚式でした。

    IMG_2171[1]

    長谷川さんは昨年もフィンスイミングの日本代表キャプテンも務めるなど、

    日本を代表するフィンスイマーです。

     

    彼とは縁あって、中学生の時から診ています。

    開業前は私の自宅まで治療を受けに来てくれたり、彼の自宅まで往診したこともありました。

     

    現在も忙しい合間を縫って治療・トレーニングをしに来てくれています。

    昨年あたりから痛みが完全になくならなず、彼を悩ませ続けているのは私の責任です。苦笑

     

    結婚式、披露宴に参加させて頂いたのですが、参列者側も自然に笑顔になってしまうような

    とても良いものでした。

     

    参列者には日本を代表するフィンスイマーが沢山いたようで、雰囲気を盛り上げてくれていました。

    この雰囲気の良さも日本フィンスイミング界のレベルupに繋がっているんだろうなと感じました。

     

    新婦の陽子さんは関西の競泳強豪大学のご出身で、綺麗で素敵な笑顔の持ち主でした^^

     

    ちなみにこの大学には私が小学から高校まで関わってきた選手が進学しています。

    水泳部の監督さんがいらしていて、この選手が現在劇的に伸びていると伺いました。

    世間は狭く、驚かされるものですね。

     

     

    長谷川雄太さん、陽子さん、末永くお幸せに!

    これからも全力サポート、させて頂きます☆

  • 院長の独り言
    安静の代償

    前回肋骨(ロッコツ)を痛めたのにトレーニングして悪化し、現在はストレッチもせず

    安静を保たねばならなくなったところまでお話ししました。

     

    もちろん一般の患者様が身体を痛められたら、治療の第一は安静になります。

    自分の場合はきっちりやらなくなってしまいますね…反省です。

     

     

    そもそも肋骨を痛めた原因は身体の硬化を放置したことが根底にありました。

    それなのに身体をほぐすためのトレーニング、ストレッチが禁忌事項となったのですから…

     

    現在体幹の肋骨部分は、固定のためにバストバンドを常にしています。

    体幹部分から下肢につながる部分も肋骨との関連が高いのでストレッチなど以っての外です。

    体幹と下肢を繋ぐ筋群

    ただこの部分には股関節も含まれ、ここの硬化には悩まされました。

    ちなみに筋肉は動かさないことで硬くなります。

    硬くなる程度やパターンは普段の使い方(姿勢、重心位置、くせなど)

    によって個人差があります。

     

    私の場合立っている時も座っている時も足の裏の外側に体重をかける等強い癖があります。

    こうしたことから体幹と下肢を結ぶ筋群の硬化は下肢(大腿骨ダイタイコツ)を

    下図のように外側に大きく捻じ曲げてしまうのです。

    下肢外旋

    大腿骨が根本から捻じ曲がった状態なので、それをカバーするために

    下腿の部分も矢印のように捻じれが生じます。

    こうした流れで膝、足首の関節部分には大きなひずみが出来てしまうのです。

     

    今回一番酷い時は歩くのが嫌になるほど両足首が痛く、膝も含め正座など論外!

    という酷い状態になってしまいました。涙

     

    現在のところスタッフにお願いして治療してもらい、急場をしのいでいるところです。

     

    そんな訳で早く肋骨を治してトレーニングを再開したいものだなぁと思っています。

     

  • 院長の独り言
    肋骨負傷とトレーニング

    1278875290_extras_albumes_0

    先日、またしても肋骨のところを痛めてしまいました。涙

    サッカーで相手の肘が軽く入っただけだったのですが…

    何度も痛めている箇所なので、軽い刺激でも痛めやすくなってしまっています。

     

    私も週に1回は軽くトレーニングをするようにしています。

    そうすることで健康を保ってきています。

     

    今回痛めた前の週、身体が相当硬くなっているのでトレーニングの必要性を感じていました。

    ただ疲れ切ってしまっていて、トレーニングをサボってしまったのです。

     

    私の身体は胸筋群から腹筋群、腰背部から臀部、下肢へと硬化が進んでいくことが多いんです。

    胸筋群、腹筋群、腰背部の筋肉は直接肋骨につながっている筋も多く、

    硬化すると肋骨を引っ張った状態を作ってしまうのです。

     

    この肋骨が強く引っ張られた状態で横から力が加わったので、元から弱い肋骨部分が痛んでしまった訳です。

    これまで何度も痛めている箇所なので、今では通常時でも左右の肋骨の位置は異なります。

    痛めた直後はこの差がびっくりする位大きなものとなってしまいました。

     

    しっかり固定して肋骨が少し良くなったと思った4日後、

    身体の硬さに耐えかねてトレーニングをしてみることにしました。

    肋骨が動いてはまずいので上半身はやらないことにして、レッグプレスからやることにしました。

    もちろん肋骨部の固定はしっかりした状態で。

    レッグプレス

    しっかり腰を引いて軸を作り、おもりを踏み込んでみたのですが…

    患部でバキッというような感覚がして、なんとなく痛みが走りました。

     

    負荷が強い訳でもないので気のせいということにして、3セットほど行いました。

    セットを重ねるごとに脚が緩むのを感じられたのですが、

    それ以上に肋骨の痛みが強くなり 「これはヤバイ!」と感じて中止しました。

     

    明らかに肋骨は悪化し、帰りに自転車を漕いでいても痛みを感じるほど悪くなってしまいました。

     

     

    トレーニングでは、体幹に対して四肢が動くことで運動を行います。

    レッグプレスでも体幹という動かないものに対して下肢が動くことで鍛えられます。

     

    ただこの体幹部分も剛体としてしっかりとしていなければ、下肢が安定して動くことは出来ません。

    肋骨はこの体幹部分が硬い剛体となるために、建物で言う柱か梁にあたるような、非常に重要なパーツです。

     

    またしっかりとした軸の入った姿勢で行うトレーニングでは、

    意識しなくても体幹部分の筋群は大きな活動をしています。

     

    改めて考えるとこのような状況下でトレーニングするということは、どう考えても無理なことでした。

    こうしてトレーニングもストレッチもままならずに時が過ぎ、身体にはいろいろな変化が生じてきました。

     

    長くなってしまったので、この先はまた次回☆

  • 院長の独り言
    行動に表れる?

    先日近所のスーパーで、プロボクサーで世界タイトルに挑戦したばかりの方を見かけました。

     

    キャラの立つ選手だったためTVで数回見ただけでしたが、なんとなく気付きました。

    最初は単に似ている人かと思ったのですが、まぶたの上に試合の傷跡があったので9割方間違いないと思いました。

     

    買い物されているものがちょっと見えて、100%本人だと確信しました。

    こちらから見えた限り、買われているのは大量のフルーツでした。

    gatag-00007473

    どういう理論の基食事されているのかは分かりませんが、

    あの徹底ぶりは単なる健康おたくのレベルではないように感じました。

     

    本気で何かを成し遂げようとしている人は、傍から見ても行動に表れるんでしょうね。

     

    ちなみに私がその時買ったものと言えば…

    野菜と…お酒でした。笑

     

     

     

     

  • 院長の独り言
    キレてる!?

    ネットの記事を読んでいて意味がよく分からないことがありました。

     

    「キレてる」という言葉です。

     

    長州力(小力)さんが使っていれば、「キレてる」=「怒っている」で間違いないんでしょうが。笑

     

    筋肉の話の中で「キレてる」といった言葉が出てきていました。

    皆さんはこの場合どういった意味だと思われますか?

     

    私が多いと思う答えは動きが鋭い、速いといった、動作に関するものです。

    「ダンスがキレキレ!」とかスポーツの試合で「この選手キレてますね」とかいった褒め言葉は良く耳にします。

     

    もう一つ思い浮かぶのは、ボディビルダーの褒め言葉として有名な「キレてる」です。

    この場合筋肉の見た目の話で、筋肉の割れ目が深かったりシャープに見えるものを意味しています。

     

    私が読んだ記事では身体作りの食事が話題に挙がっていて、「キレのある肉体を作る」といった表現がありました。

     

    動きのキレを求めるなら食事よりもトレーニングの方が効果は大きいと考えているのですが、食事で動きが良くなるのでしょうか…

    知り合いのボディビルダーは試合で高得点取るために食事制限をしていましたが、そういった意味だったんでしょうか…

    キレてる

    考えれば考えるほどよく分からなくなってしまいました。汗

    記事には文字数制限があったりするのかもしれませんし、我々読み手に思うように伝えられないこともあるのでしょうね。

     

    振り返って我々も指導の場面やこのブログなどでも誤解を招かないよう、表現方法を気を付けたいと思います!

     

  • 院長の独り言
    足のうら

    足のうら

    先日、自分の健康のために小一時間ほど歩きました。
    最近はトレーニングも含め、自分の身体のために運動する機会がめっきり減ってしまっています(><)

    接骨院開業前は少なくとも週に3回、多い時は週に6回以上トレーニングやスイムなどをやっていたものですが…

     

    この前歩いていて、重心の移動について改めて感じるところがありました。

    細かなところは抜きにして。

    歩いている時足のうらを重心が伝っていくことは、非常に重要だと再認識しました。

     

    トップページの上の方から「歩行」について書いてあるところに入れます。

    そこに重心の移動についても軽く書いていますので、よろしければご覧ください。

     

    で、「歩行」のページでは踵から拇趾球(ボシキュウ)へ重心を移動することを書いています。

    実はさらにその先、足先のところは薬指のあたりに重心移動して足が離れるのが理想的な重心移動とされています。

     

    こうした重心移動を伴った歩行を行うと、おのずと体幹に対して脚が捻られながら大きく動きます。

    すると反射的に上半身も連動し、身体全体が求めたい自然で効率的な使い方になっていきます。

     

    良い歩行を導くために意識する部位や方法はいろいろとあります。

    その中でもこの足のうらの重心移動に意識を置くのは、とても分かり易いものとなりそうです。

     

    歩くのが苦手な方でこの重心移動がうまくいっていない方は非常に多いように思います。

    接骨院にいらしている方だけの話ではなく、一般の外を歩いている人を見ていてもそう感じます。

     

    歩行については様々な方向から、機を見てお話していきます(^^)

  • 院長の独り言
    リダクター

    お正月は暖かかったものの、ここのところ寒くなりましたねぇ(><)

     

    %e3%83%aa%e3%83%80%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bc

    写真は座位整復台(ザイセイフクダイ)にて脊柱(背骨)の処置をしているところです。

     

    この寒い季節に裸になってしかもあの金属製の器具を当てるなんて…。

    見るだけで寒そうです。涙

     

    でも、安心して下さい!

    そんなに寒くないですから!

    (まさか、今さらこのフレーズ!)

    %e3%83%aa%e3%83%80%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bc

    室温は外に比べて相当温かく設定されています。

    また金属製の器具、リダクターも今冬より写真のようにホットパックで温めています。

     

    構造医学では冷やすことが多く、他所では冷えるからヨシ!とされる先生もいらっしゃいます。

    私もヨシ!とは思っていなかったのですが、これまで寒くならなくする術を考え付かなかったもので…

    やってしまえば何とも簡単なものですね。

     

    いつでもタイミング良く温められる訳ではないので毎回、

    “あったかいんだからぁ~♪”という訳にはいきませんが。

    (もう誰も言わなくなったフレーズ再び!)

     

    ブログを読んで寒くなったという方、今回はご容赦を。笑

     

    治療では寒さを感じてしまう機会がなくなるよう、今後も試行錯誤していきたいと思います。

     

上に戻る