院長の独り言

  • 院長の独り言
    腕振りで重心移動を加速

    朝晩冷える日も出てきて、少しずつ秋が深まってきましたね。

    今回の写真は、紅葉が見頃な歩行スポットです。

    紅葉が綺麗なので、歩くことで心も癒されました^^

    箱根山1

    箱根山2

    箱根山3

    箱根山4箱根山5 箱根山6

    さて、どこでしょうか?笑

    前半3枚は紅葉したこの時期ならではの写真、後半はどこが分かり易いような写真としてみました☆

     

     

    前回の道の真ん中にある謎の木について、接骨院に通われている方々は皆さんご存知でした(^^)

    この木は接骨院の北、東京都選定歴史的建造物である日立目白クラブから目白通りに向かって200mほどのところにあります。

    ただなぜ道の真ん中に残されたのか、その謎についてご存知の方はほとんどいらっしゃいませんでした。

     

    ただ数人の方が少々情報をお持ちのようで、まとめると以下のようになります。

    謎の木が生えるのは旧近衛邸あたりで、現在も近くに元将軍家の名前の表札があるように由緒正しいところ。

    かつて伐採しようとしたもののその度に問題が起こり、しめ縄が掛けられていた時期もある。

     

    全国にご神木とされる木はありますが、この木もそういった木であることは間違いなさそうですね。

     

     

    さて歩行についてです。

    以前、重心の移動を腕振りが緩衝する話をしました。

    あまり異論の出ることがなかったのでそのままにしていましたが…。

     

    最初の一歩を出す前の、足の裏の後方踵(カカト)から前への重心移動に伴って足が前に出て歩行が始まります。

     

    重心の移動により身体が前方に傾いて倒れそうになるから足が出ます。

    重心が前に乗ると次々に足が出て歩行となるのですが、前に行く勢いが強過ぎるとそれを打ち消す(緩衝する)ために後ろへの腕振りが行なわれます。

     

    見方を変えると身体の重心を前に出すために後ろへの腕振りを大きくするということも出来ます。

    実際肩甲骨を真ん中へ寄せるようにして後ろへの腕振りを行うと、身体の中央にある脊柱〜骨盤が前に押し出される感覚を得られるかと思います。

     

    ただその場腕振りや行進のように重心の移動を伴わない腕振りでは、後ろに振ることによって得られる重心の変化は反対腕が前に振られることで緩衝されます。

    重心移動によって足が出て歩いていると後ろへの腕振りが大きくなります。

    逆に重心の移動によらず自分の脚力で前へ進んでいる歩行では、前への腕振りが大きくなる特徴があるということです。

     usiro mae

    ここでは効率の良い歩行である前者をオススメしています。

    その意味で後ろへの腕振りは前への重心移動に対する緩衝、あるいは前への重心移動を促進するためのものと言えるのです。

     

    今回、疑問を持たれていた方への回答になっていましたら幸いです^ ^

    (これまでのところは院長の独り言135-137あたりをご参照下さいm(..)m

     

     

    ちなみに背中が丸く、頭が前にある姿勢だと軸が安定せず重心の移動が機能しづらくなります。

    重心を前にしたつもりが腰を引いて緩衝していたりするからです。

    腰の曲がったいわゆるお年寄りの歩き姿勢ですね(><)

     

    歩行は顎を引いて頭を後ろに引くような姿勢で行うと良いでしょう☆

  • 院長の独り言
    歩行で体幹強化?!

    秋になったと思ったら、朝晩は少しずつ冷え込むようになってきましたね。

    歩行では秋の澄んだ空、徐々に染まる街路樹が楽しめます。

    お風呂で汗を流し、湯船にゆーったり浸かるのも気持ちいいですね^^

     

    さて、まず前々回の「のぞき坂」その前の「高戸橋交差点」は正解された方が多かったですね(^^)

    接骨院近くの有名スポットは、さすがに皆さんご存知です(^^)

     

    接骨院から遠方でこのブログをご覧になっている方々には内輪ネタみたいになってしまい申し訳ありません^^;

    Go toキャンペーンもありますし、お近くにお寄りの際はこうしたスポットを歩行されてみて下さい(^^)/

     

    前回の夜景の中心にあるのは、ご存知スカイツリーでした☆

    ここは私の知る限り池袋で一番きれいに見えるスポットです。

     

    場所は明治通りが山手線を渡る、堀之内橋というところです。

    池袋駅東口を明治通り(駅に沿って平行に走る太い道です)沿いに大塚方面へ1km弱行ったところです。

    後で調べて分かったのですが、都内では有名なスポットだそうです。

     

     

    今回は接骨院から徒歩67分、道の真ん中に生えた大きな木です。

    道を通す際なぜ伐採されなかったのか謎ですが、きっと言われがあるのでしょう。

    この謎をご存知の方は是非お教え下さいm(__)m

     謎の木

     

    前回まで歩行時の腕振り、特に後ろへの腕振りについて見てきました。

    今回はその効用です。

     

    筋肉が基本的に緊張していない(緩んだ)状態でリズミカルに伸び縮みを繰り返すような活動を行うと、血流が促進され、筋肉はほぐれます。

    そしてこのような筋活動は、歩行中に見られやすいのです。

     

     前回までお話してきたような腕が後ろに行く際肩甲骨が内側に回旋しながら動く腕振りを先の筋活動パターンで行います。

    すると首、胸や背中から肩回りで緊張していた筋肉がリズミカルに動かされます。

    リズミカルに動くことで毛細血管のポンプ作用が働き、血流が促進され、筋肉がほぐれていきます。

     

    過緊張していた部位がほぐれると頭や肩の、前への引っ張りが緩みます。

    (写真は背中が丸い様子:黄色が引っ張っている筋です。これにより赤い印のように背中が丸くなってしまいます)

    背中の丸さ

     

    また腕振りを伴う重心移動により骨盤前傾や腰背部から脊柱の動きが出始めます。

    これらの相乗効果によって肩・頭が本来の位置に近づいていきます。

     

    こうして脊柱の弯曲が正常に近づき、骨格という人体の柱がしっかり機能すると体幹は本来の強さを発揮します。

    現代は人にとって背中を丸くするような作業が多く、脊柱の弯曲が本来の形にある人の方が珍しいくらいです。

    そんな訳で体幹を強化しようと思ったら、歩行で脊柱の本来の働きを取り戻すのも非常に有効なプロセスかと思います(^^)

     

  • 院長の独り言
    137.腕振り②

    最近めっきり秋らしくなってきましたね。

    歩行を行うにはもってこいの陽気です^^

     

    さて、前回の写真は坂マニアには超有名な「のぞき坂(別名胸突坂)」です。

    地元の人は「富士見坂」と呼んでいる人が多いかもしれません。

    この辺りで一番きつい坂(恐らく都内で1番です)と言えばお分かり頂けるかと思います。笑

     

    接骨院からは坂の下まで徒歩15分くらい。

    雑司が谷駅3番出口を出て目白通りを南に横切った先に坂の頂上があります。

    Wikipediaにもあるくらい有名な坂です。ご参照下さい。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AE%E3%81%9E%E3%81%8D%E5%9D%82

     

    さて、今回は接骨院から徒歩だと30分以上かかるのでおおよその場所はお教えします。

    池袋周辺です!

    この辺りからご来院の方もいらっしゃるので、分かる人には簡単かと思います^^

     池袋堀之内橋1

     

    前回は歩行における腕振り、特に後方へ振った時の肩甲骨の動きの話でした。

     

    歩行では体幹の中心にある骨盤、背骨から前に進みます。

    これに対して後ろへの腕振りによって肩は後方に向かいます。写真①

     

    写真①は右腕を後ろへ振った時を頭上から見た様子と思って下さい。

     

    右半身では肩を構成する鎖骨、肩甲骨、上腕骨の動きを表しています。

    左半身の印は背骨、肋骨の胴体、いわゆる体幹の様子です。

     

    体幹はほとんど回らないで肩甲骨・鎖骨から動くことで腕振りを行うのが理想です。

    こうした腕振りだと、肩自体の前後の移動は大きくなりません。

    マラソン中継などでトップランナーの前半の走りでは体幹がブレず、ナンバーカードが動くことなく走っているのと同じイメージです。

     

    肩を後ろに引くために、肩と背骨の間にある背中の筋肉は収縮します。写真②

    逆に前へ腕が戻る際、背中の筋肉は緩みます。(ストレッチされる程は動きません)

     歩行中の体幹、背中まとめ

     

    後ろから前への腕振りは、行進するおもちゃのように大きく振り上げることはしません。

    胸筋や腕の筋肉を収縮させて前へ腕を振り上げるのではないということです。(写真③青矢印は筋の収縮、背中を丸める方向を示しています)

    このような筋群を強く収縮させ、硬くしてしまうと肩甲骨、鎖骨や脊柱が前に引っ張られ、背中が丸くなってしまうからです。写真④

     

    前方への腕振りは、後ろへの腕振りで伸張された胸・肩・上肢など身体前面の筋肉のテンションが、解放される程度が良いでしょう。(写真③赤矢印は筋が緩み、脊柱が起きてくる方向を示しています)

     

    以上のこと全てを一気に意識することは困難でしょう(><)

    イメージするなら前回お話しした肩甲骨の動きが良いかもしれません。

    すなわち後ろへの腕振りの際体幹は動かさず、肩甲骨が内側へ回旋を伴いながら動くとイメージして下さい(^^)/

     

    今回は腕振りに伴う体幹、筋肉の話でした。

    少しずつマニアックな話になってきましたね^^;

    まだまだ深掘りしていきます!

  • 院長の独り言
    136.腕振り

    ここのところ接骨院周辺で歩行をして見かけた風景を挙げています。

    前回は都内唯一の路面電車の風景ということで、ラッキー問題だったかと思います^^

    あれは接骨院から徒歩6~7分ほど、新目白通りと明治通りの交わる高戸橋交差点からの景色でした。

     

    見慣れている人にはどうってことない景色かもしれませんが。^^;

    接骨院周辺をよくご存知ない方にとっては新鮮な風景かもしれませんね。

    桜の季節には写真を撮りに来る人が沢山居る(以前このブログにも登場した)スポットでした。

     

    さて今回も有名な場所ですが、お分かりになりますでしょうか??

    のぞき坂

     

    歩行について、前回腕振りは重心の調整役というところまでお話しました。

    調整役ということは、調整次第で重心移動の仕方が変わってくるということです。

     

    後方への腕振りを意識して行うと、体幹部分の重心が前に出やすくなります。

    腕振りによって重心が後ろに行こうとするのを、体幹部分が前に緩衝す(釣り合わせ)るように動くからです。

    こうして骨盤の前傾やみぞおち辺りが前に出易くなり、脊柱の弯曲が本来のものに近づきます。

     

    解剖学的に腕とは肩甲骨・鎖骨から上腕骨、前腕、手を指します。

    つまり腕振りは肩甲骨・鎖骨のところから行われるものなんです。

    これは重要なポイントとなります。

     

    後ろへの腕振りで、肩甲骨はどのように動くのか。

    肩甲骨全体は内側に、肩甲骨の下の角が内側斜め上に回転するように動きます。

    この動きを理解しておくと歩行における腕振りの重要性が増してきます。

    歩行時の背中

    鎖骨からいわゆる肩は、胸を張るように後方に動きます。

    ただ鎖骨の動きは小さいので意識しづらいかと思います。

    したがって歩行時の後方への腕振りでの肩甲骨の動きの理解が、今回のポイントとなります。

     

    次回はこの肩甲骨を意識した後方への腕振りの効用を見ていきたいと思います。

  • 院長の独り言
    135.歩行は重心移動から

    前回のブログの写真はどこかということが、接骨院でちょっとした話題となりました。

    あれは中井駅付近、山手通りの陸橋から新宿駅方面の景色でした。

     

    この陸橋は神田川も渡っているのですが、その神田川の延長線上にスカイツリーを望むことが出来ます。

    残念ながらこの方向には金網があり、写真を綺麗に撮ることは出来ませんでしたが(><)

     

    接骨院からは徒歩25分位離れているので、歩行コースには不向きな方もいらっしゃるかと思いますが。

    お近くの方など機会がありましたら歩行がてら景色を楽しまれて下さい☆

     

     

    さて下の、今回の景色はどこでしょうか…?笑

     

    高戸橋交差点

     

     

    だーいぶ前になりますが、このブログで体幹について書きました。

    体幹を鍛えるにはまず体幹を形成する骨の並び(骨格)が正しい位置関係(良い姿勢)にあると良いです。

    良い姿勢であれば骨に繋がる筋肉の動作環境も良くなりますので効果的です。

     

    歩行では全身の筋肉が律動的に使われます。

    背中が丸い人は丸いなりに全身の筋肉が律動的に活動します。

     

    下の写真(本院ホームページより転用)ように、重心移動を利用すると倒れないために足が出て(①~③)歩行が開始されます。

    また、崩れたバランスを保つために腕振りが行われます。

    足跡

    なお背中が丸かったり頭が前にある人は、正常な人より最初から重心が前にあります。

    最初から重心が前にあると、足を動かさずに重心を前に移動することが出来ず、求めたい歩行が始められません。

    歩行を始める前にはまず重心を後ろにして立つ必要があります。

    そのため出来る限り身体を起こして、身長を測る時のようにする必要があります。

     

    一歩出る前に行われる、後ろから前に移動する重心(写真①~②)を、加速し過ぎないよう緩衝する(打ち消す)ために腕は後ろに振られます。

    重心が前に大きく行けば行くほど後ろへの腕振りも大きくならねば釣り合い(立っていられ)ません。

    このように腕振りは重心の調整役として重要なんです(^^)

     

     

    長くなったので今回はこれにて。

    次回以降腕振りと体幹について掘り下げていきます。

     

  • 院長の独り言
    134.改めて、歩行

    ここのところ以前にも増して歩行、ウォーキングをすることが増えてきました。

    夜空が広く見える道、都心の高層ビルが綺麗に見える道など気分によってルートを変えて楽しんでいます。

     

    我々は構造医学に基づいて「歩行は命の貯金」ということで歩くことを奨励しています。

    歩行について本ホームページにも載せています。

    http://ktc-web.net/features-about-walk

     

    ここに書き切らなかった内容を今後何回かに分けてマニアックに、徒然に書いてみたいと思います。

    身体・動作のことばかり考えているバカのまさに独り言。

    ご興味のある方は読み流して下さい。笑

     

    ホームページの歩行のところでは重心移動とそれに伴う反射を用いると書いています。

    ただ、これを100%有効なものとするにはしっかりとした軸、姿勢(体幹)が求められます。

    姿勢についても本ホームページに載せていますので、ご参考まで。

    http://ktc-web.net/features-about-position

     

     

    この身体の軸ですが、なかなかうまく作れません。

    もちろん接骨院での治療やマシンを用いたトレーニングでは作っていくことが出来ます。

    しかし、自分で意識して作ろうと思ってもなかなか難しいものです。

     

    逆説的な話ですがこの身体の軸、きちんとした歩行をすることで作ることも出来るんです!

    良い歩行のために必要な軸が、良い歩行を心掛けることでも得られるなんて…

    “コロンブスの卵”のようですね。笑

     

    歩くことでなぜ身体の軸が出来ていくのか…

    そのメカニズムは長くなるのでまた次回!

     

    多くの方が良くなる“方法”を知りたがります。

    私はそれよりも“実践”することが重要だと思います。

    メカニズムを理解しても、歩く時間をきちんと取ることが出来なければ始まりません^^;

     

    しっかり時間を取って繰り返し“実践”することでようやく気付けること、疑問に感じることがあります。

    まずはお家のご近所から、四方八方歩いてみて下さい。

    素敵な風景を再発見するようなご褒美も、きっともらえるはずですから(^^)/

     

    IMG_3416

  • 院長の独り言
    133.熱中症

     

    都内で熱中症による死者が今月だけで79人となったと、8月18日付けのニュースにありました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200818/k10012571631000.html

     

    新型コロナウイルスも問題ですが、熱中症も大問題ですね。

    熱中症の対策としてまず挙げられるのは水分補給です。

     

    水分補給にお茶、ウーロン茶やコーヒーなどカフェインの含まれる飲み物は有効か否かという話を見聞きします。

    カフェインには利尿作用といって、簡単に言うとおしっこで水分を出してしまう作用があります。

     

    このことから私も水分補給にお茶やコーヒー紅茶は良くないと話してきました。

    ところが飲料メーカーを中心にカフェインの利尿作用は気にしなくて良いという話も目にするようになりました。

    https://www.cocacola.co.jp/article/caffeine_04

     

    読んでみるとなるほどそうなのかな?と思わされたりもしますが…。

     

    私は1年を通してコーヒー、紅茶などを普段から日に3杯は飲んでいます。

    夏場は普段からコーヒーとは別に水も傍らに置いてちょいちょい飲んでもいます。

     

    先日、朝からいつものように3杯程度コーヒーを飲んでサッカーをしにいきました。

     

    サッカー中は休憩のたびにトイレにいきたくなりました^^;

    しまいには、おしっこが出ないのにトイレに行きたくなる始末でした。

    ちなみに2時間程度の練習中、水を少なくとも2Lは飲みました。

     

    この日は最初からすぐバテてしまい、走れず、キレもなく…。

    練習開始から1時間半位、水を2L飲んだあたりから急に動けるようになりました。

    身体中の水分を出して切って利尿作用が収まり、さらなる水分補給によってようやく血液が流れだした感じでした。

     

     

    こうした経験もあるため熱中症対策としての水分補給には、利尿作用のない飲み物を選ぶべきだと思います(^^)

     

    身体の中から真っ先に失われていくのが水なので、水が一番オススメの水分補給です。

    ミネラルはその後に失われるので次にオススメなのがスポーツドリンクです。

    ただ市販のものは口当たりが良くなるよう濃いめに作られています。

    そのためスポーツドリンクだけをがぶ飲みするのは、水分補給の観点からはオススメしません。

     

    お茶がお好きな方にはカフェインのない麦茶がオススメです。

    コロナ対策もあって大変な夏となりましたが…

    適切な水分補給で熱中症からも身を守り、夏を乗り切っていきましょう!

    水イラスト

     

  • 院長の独り言
    132.脱トレーニング

    脱トレーニングとは、ある程度継続してトレーニングをしてきた人がトレーニングを中断・休止することを言います。

    脱トレーニングについて見ていくと、アスリートに焦点を当てた報告が多いようです。

     

    それは高度に身に付けたもの(技術、体力など)ほどトレーニングの中断・休止によって失いやすく、元々持っているような能力や難易度の低い技術などは簡単に失われないためかと思われます。

     

    ここで言う難易度の低い技術とは自転車に乗ることや単に泳ぐといったもので、こうしたことは何年もやっていないで急に行っても出来てしまうことから脱トレーニングの影響を受けないとされています。

     

     

    こうした脱トレーニングですが、一般の中高年の方々についてはどうなんだろう?と素朴な疑問が湧きました。

    長く歩くことが出来ない方にとって、歩くことは難易度の低いことではありません。

    実際今回のコロナ禍で、医療、介護施設でのリハビリの中断を問題視する報道もありました。

     

     

    本院には、「帰りは楽に歩けます」とおっしゃる方が沢山いらっしゃいます。

    本院の体操教室は、アスリートにとってのトレーニングのように中高年の方々にはトレーニングに当たると思います。

    治療の中でも効率良い動作の獲得を念頭に、実際に動きを作っていくことが多々あります。これは神経系を中心としたトレーニングとも言える内容です。

     

    本院においても通院出来なくなった方々がどうなっているのか気になっています。

     

    通院出来なくなった方とお会いされた、通院を続けている方によると調子が良いという話は聞こえてきません。

    また久しぶりにご来院頂いた方から、「そんなに悪くなってると思ってなかったのに、(治療を)終わるといかに動かなくなっていたか実感しますね。」といったことを伺いました。

    脱“トレーニング”の影響は少なからずありそうです。

     

    通院すると歩行など日常生活をつつがなく送るための“トレーニング”を行えます。

    しかし通院することは人との接触を、院内以上に通院途中にも増やしてしまいます。

    これは新型コロナウイルスの感染予防の観点からは避けたいことです。

     

    なんとも悩ましい事態となりました。

    本院では可能な限りの感染予防策を講じつつ、効果的な“トレーニング”を提供していきます。

    行えることが限られている分、行えることをしっかりしていきたいと思います。

    taisou_oldwoman

  • 院長の独り言
    131.【カギ型ストレッチ】

    IMG_33591

    別名【マジ卍ストレッチ】

    脚が卍、カギ十字のような形をとることから、こんな名前の付いたストレッチです。

    数年前、流行に合わせてマジ卍ストレッチと紹介した時は爆発的な人気となりました(^^)

    効き目はやって頂ければわかりますが、マジ卍です!(笑)

      • 片脚はあぐらをかくように、他方の脚は横座わりのようにして左右の脚を大きく開いて座ります。膝の曲がりは90°+α程度となります。
      • 横座りのように曲げた脚の付け根、お尻が地面から浮いてしまうことが多いはずです(写真左)。この浮いた空間がなるべく少なく、無くなるように座ります(写真右)。IMG_33601  IMG_33611
      • あぐらのように座った脚の膝もなるべく床に着けます。開始姿勢を取るために筋肉の過緊張が出ないようにご注意下さい。上体を倒す方向によって効く場所が変わります。身体の正面に倒すのが基本となします。曲がる支点は変わらず股関節・骨盤で、腰から上だけで曲げることのないよう気をつけましょう。
      • 上体を倒す方向によって効く場所が変わります。身体の正面に倒すのが基本となします。曲がる支点は変わらず股関節・骨盤で、腰から上だけで曲げることのないよう気をつけましょう。
      • ストレッチ感は、横座りしている脚の付け根、あぐら側の臀部~股関節(大腿)後面にかけての部分に感じるよう行うのが基本です。
      • 身体を倒した、筋が伸展される時のみならず、身体を起こして筋が弛緩されるところまでしっかり感じるようにして行います。

     

    ある程度の柔軟性がないと出来ないストレッチですので、試す場合でもくれぐれも注意して頂き、無理に試さないようにして下さい。

    オリンピックに出場した超一流アスリートでも初めは出来なかったようなストレッチです。

    最初は出来なくても普通だと思って頂いて構いません。

     

    大切だが盲点となっている、股関節の捻る動きを強烈に引き出してくれるストレッチです。

    また股関節の捻りの動きと体幹・上半身の連動を高めてくれます。

     

    出来ない方はこれまでご紹介した長座ストレッチ、M字ストレッチ、腸腰筋のストレッチなどをしっかり行って柔軟性を高めてから再度チャレンジするようにして下さい(^^)/

  • 院長の独り言
    130.【腸腰筋ストレッチ】

    ストレッチ、やってます!どの位やればいいですか?

    などのお話を頂いています(^^)

    やり方の細かなところや頻度などは状況により異なりますので、ご質問などは直接お尋ね頂けますと幸いです。

     

    本日ご紹介するのは腸腰筋のストレッチです。

    腸腰筋を中心に行うもので、発展バージョンもあります。巷でよく見かけるストレッチですが、狙い通り出来ている人は少ないストレッチです(><)

    腸腰筋のストレッチ

    ・脚の横幅を股関節の幅に開く。

    ・身体は前を向いたまま、軸が捻られないように脚を前後に開く。前足は踵立ちで膝関節の角度が90°以上、下腿が床に対して垂直となるようにする。後ろ足は膝立ちです。

    腸腰筋ストレッチ 横から①

    ・重心を前に乗せ、後ろ脚の付け根、大腿部前面にストレッチ感を感じるようにする。この時上体は傾かず(軸がぶれないようにする)、骨盤から前に動かすように重心を移動する。

    ・軽くストレッチ感を感じたらすぐ重心を後ろに戻します。小刻みに重心を前後に移動させ、バリスティックにストレッチする。この際勢いをつけすぎないように注意する。

    ・重心の前への移動は、後ろ脚の付け根の大腿前面に軽いストレッチ感を感じる程度。ただしストレッチ感よりも筋の弛緩を意識して行う。

    腸腰筋ストレッチ 横から②

    ・バランスをうまく保てない場合は壁などを片手で持って支えながら行って下さい。

    ・体幹の軸は常に変わりません。回転(ローテーション)しないことにも注意して下さい。

    腸腰筋ストレッチ上から

    ポイントの多いストレッチですが一つ一つ丁寧に、効果的に行えるようトライしてみて下さい☆

上に戻る