スタッフの嘆き節

  • スタッフの嘆き節
    冬支度

    こんにちは!スタッフの浅井です。

     

    最近めっきり寒くなりましたね(>_<)

    日が暮れるのも早くなってきたので、当院でも急いで冬支度を始めました!

     

    まずは待合室やお手洗い、電気治療で使うベッドなど比較的寒さを感じやすい場所にヒーターを設置しました(^^)/

    待合室やお手洗いのものは皆様ご自由にご利用いただけます。

    やけどや火災に繋がることもございますので、切り忘れなどスイッチの操作にはくれぐれもご注意くださいm(_ _)m

     

    また電気治療の際、局所冷却(氷のうで重要な部位を局所的に冷やすこと)を行うことがほとんどなので、今年も暖かいお布団をご準備いたしました!

    こちらからもお声かけいたしますが、ご入用の際はご遠慮なくお申し付けください(^o^)

     

    さらに!ここが今年一番のポイントです、、、!

    今年も既に加湿器2台をフル稼働させています!!

     

    換気は常に行わなければならない状況なので、もう既に2台ともに頑張ってもらってやっと50%以上をキープ出来ているという状態です、、、。

    マスクをしていると感じにくいですが、もう空気が乾燥してきているということですね。

     

    更に寒さが増し、乾燥がひどくなってきたときには、例年以上に濡れタオルにも活躍してもらうことになりそうです(>_<)

     

    先日、東京で木枯らし1号が3年ぶりに吹いたとの報道がありました。

    「3年ぶりということは、木枯らし1号には定義があるのか!」と何も知らなかった私は驚いてしまいました(^-^;

     

    木枯らしとは、日本の太平洋側の地域で10月半ば~11月末までに吹く最大風速8m/秒以上の北寄りの風で、その際の気圧配置は西高東低の冬型になるそうです。

     

    つまり、秋から冬に切り替わるこれくらいの時期に

    1. 冬型の気圧配置
    2. 北寄りの風
    3. 最大風速8m/秒以上

    これらの条件を満たした風が木枯らしと呼ばれるということですね。

     

    因みに木枯らし一号は東京地方と近畿地方でしか発表されず、近畿地方の条件では観測期間が冬至までに延びるようでした。

    きっと近畿地方のほうが南にあるからですね(^^)

     

    漢字一字では、『凩(こがらし)』と表記するそうです。

    恥ずかしながら私は読めませんでした(^-^;

     

    木枯らしも吹き始め、インフルエンザもちらほら発症し始めているようです。

    皆様も早めの冬支度で寒さに備え、くれぐれもご自愛ください!

     

    布団ヒーター 

     

    加湿器

  • スタッフの嘆き節
    観戦

     お久しぶりの更新となりました(>_<)スタッフの浅井です。

     

    先日、ZOZOマリンスタジアムへプロ野球観戦に行ってまいりました!

     

    今シーズン、プロ野球では開幕が大幅に遅れ、無観客試合が続いたり感染者が出たりと新型コロナウイルス感染症と闘いながらのペナントレースとなりました、、、。

     

     ですがそのような状況下でも無事シーズン終盤まで対策を怠らず運営してくださり、私たちに娯楽を提供し続けてくださった関係者の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです(T_T)

    ドラフト会議も無事に行われ、若手選手の新たな道が切り拓かれましたね(^^)

     

    とはいえ観客動員を再開してからも正直感染リスクを恐れてなかなか現地観戦には踏み切れませんでした、、、。

    ただこのままシーズンが終わってしまうのも悲しいですし、対策も施されており、クラスター発生もなかったので、自身での対策を徹底しようと決意し、チケットを取りました(>_<)

     

    車で向かい飲食も控えたため、全体を確認できたわけではないのですが、やはり各所で感染症拡大予防に気を配っている印象を受けました!

     

    お手洗いなどあらゆるところに消毒液が置かれ、荷物チェックも非接触スタイルに変わっていました。

     

    アルコール含め飲食物の販売は行われていましたが、客席間を往来する売り子さんはマスクの上からフェイスシールドを着用し、無言で販売を行っていました(*_*)

     

    席も一つ飛ばしで空いていたので、今までよりそこはむしろ快適でした()

     

     

    前日の雨天順延で応援している選手をたまたま観られ、体調も問題なしなのでとても良い思い出を作ることができました(^^)/

    応援など少し寂しさもありましたが、やはり生でのスポーツ観戦は良いものですね☆

     

     

    もちろん油断は禁物ですが、Go To 事業なども含め、少しずつ安全な楽しみ方のノウハウを皆さん肌感でわかってきつつあるような気がします。

     

    目に見えないウイルスに対し感染しない・させないという生活を続けていくのは、終わりが見えず、不安な毎日に息が詰まってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

     

    ですが少しずつ工夫次第で楽しめることも増えてきていますので、心も身体も疲れを溜めすぎないよう上手くケアしていきましょう!

     

    早く大きな声で目の前のアスリートを応援できる日がやってきますように(>_<)!!!

     

     

     IMG_20201018_141205cp

     

  • スタッフの嘆き節
    高尾山

    こんにちは(^o^)

    急に気温がぐっと下がりましたが、皆様体調を崩されてはいませんか?

    11月まで祝日がないのが寂しいスタッフの浅井です(>_<)

     

    先日、シルバーウイークのお休みを利用して、高尾山に登ってきました!

     

    連日大盛況との報道があったようですが、私が訪れたのは最終日のお昼過ぎ、しかもあいにくの雨模様ということで、奇しくも密は避けられました(^-^;

     

    幸いにも雨にはそこまで降られなかったのですが、景色はやはりイマイチだったので、のんびりと暮れゆく街並みと夜景を楽しんでケーブルカーで下ることにしました。

     

    因みに高尾山のケーブルカーは一番急なところで31度もの勾配となり、ケーブルカー線路としては日本一なのだそうです。

     

    たしかに一緒に訪れた高所恐怖症の姉は「落っこちそうだ」ととても怖がっていました(笑)

     


    久しぶりに緑に触れ、澄んだ空気を吸い、とても良い息抜きになりました!

    これからだんだんと紅葉が始まってくると更に綺麗な景色を楽しむことができるのでしょうね(^^)

    早く気兼ねなくいろいろなことが楽しめるようになれば良いのですが、まだまだ油断できないうちは、工夫しながらリフレッシュしていければなと思います!

     

     

    因みに、高尾山のような比較的やさしめな山登りでよくある階段ゾーンですが、膝の真下にカカトがくるような姿勢でモモの裏側を使って登ると疲れにくいはずです(^^)/

     

    階段昇降や下りでモモの前側を沢山使ってしまうとエネルギーのロスが多く、疲れを感じやすかったり筋肉痛になりやすかったりします。

    モモの前側の筋肉は本来、細かい調整やブレーキの役割を担うことが多いからですね(^o^)

     

     

    写真は、展望台の同じ場所で撮影した夕暮れ時と夜景です。

    新宿から1時間ほどの場所でこれだけの眺めを楽しめるのはお手軽で有難いですよね♪

     

    IMG_20200922_175640

     

    IMG_20200922_183859

     

    朝晩の寒暖差や悪天候による気圧変化で様々な不調が出やすい時期です。

    秋の美味しいものをたくさん食べて涼しい気候での運動も楽しみながら、しっかり身体をつくっていきましょう(^^)/

     

     

    浅井

     

     

  • スタッフの嘆き節
    デリケート

    こんにちは!まだまだ日中は熱いですが、秋花粉が飛び始めていますね、、、(>_<)

    鼻がムズムズしているスタッフの浅井です(T_T)

     

    トレーニングにいらしていた方はご存知かもしれませんが、先日トレーニングマシンの一つが故障してしまいました、、、!

     

    幸い致命的な故障ではなかったため、皆様にはご不便・ご面倒をおかけしてしまいましたが、なんとか急場をしのぎ、トレーニングが出来なくなるという事態は避けられました(^-^;

    現在は業者さんに部品等頼み、無事修理を終えたため、安全にご利用いただけます!

     

    実は壊れたマシンは以前から修理が必要で、非常事態宣言下にトレーニングを休止した際、業者さんにメンテナンスしていただいたばかりだったのです、、、(;;)

     

    怪我でもそうなのですが、一度の大きな衝撃で壊れてしまう場合(事故での骨折など)と小さな衝撃の繰り返しで壊れてしまう場合(走り過ぎでの疲労骨折など)があります。

    今回のマシンの故障は、どうやら後者の影響が大きかったようです、、、。

     

    大変ありがたいことに、現在トレーニングのご利用者様は多く、マシンたちもたくさん活躍している状況です(^^)

    我々の念入りかつ頻繁なメンテナンスももちろん必須なのですが、、、(>_<)

    日々ご利用いただく皆様に、デリケートなマシンたちへ愛をもって()より一層丁寧に扱っていただくと彼らマシンの現役生活はどんどん延びていくはずです、、、!

     

    常日頃正しくマシンを扱ってくださる皆様に再度このようなお願いをするのは大変心苦しいのですが、新しくマシンを扱う初心者の方にも自然と良い扱いが伝播していくように、今一度マシンたちへのご配慮をよろしくお願いいたしますm(_ _)m

     

    因みに、我々の身体にも似たようなことが言えるのです、、、!

    治療やトレーニングなど定期的なメンテナンスで身体の状況は改善しますが、日常生活で良い身体の使い方ができていないと一進一退の繰り返しになってしまいます(>_<)

    マシンの扱い同様、我々の身体も日常的な姿勢や歩行をほんの少し気を付けて、良い動きを習慣づけるだけで、健康寿命は延ばせるということですね!

     

    マシンも身体も日々良い使い方を心掛け、末永く大切に使っていきたいです(^^)/

     

     

    浅井

     

     

    ???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

     

  • スタッフの嘆き節
    96.としまえん

     こんにちは!猛暑が少しずつ落ち着きはじめていますね(^^)スタッフの浅井です☆

     

    皆様、突然ですが、練馬区の遊園地『としまえん』をご存知でしょうか?

    練馬・新宿・中野・豊島・北区あたりにお住まいの方には馴染みのある遊園地かと思われます(^o^)

    最近はメディアでも取り上げられることがしばしばあったので、ご存知の方も多いかもしれません。

    としまえんは、練馬区や豊島区周辺に勢力を誇っていた武家、“豊島氏”が建てた練馬城の跡地に作られた公園を、現在の西武鉄道が買い取り誕生した遊園地です(^^)

     

     

    豊島区出身の私にとってもたくさんお世話になった思い出の遊園地としまえんですが、今年の8月31日で残念ながら閉園となってしまいました、、、(T_T)

     

    夏はプール、冬は釣り堀、近年ではコスプレの聖地として季節・年代を問わず私たちを楽しませてくれたとしまえん。皆様のなかにも様々な思い出が蘇るという方がいらっしゃるかと思います。

     

    私も「なんとか最後にお別れを(>_<)!」と思い、密に気を付けつつ、としまえんに入場してきました!

    結局アトラクションには乗らずでしたが、たくさんの人々に愛され、別れを惜しまれるとしまえんの姿を最後に目に焼き付けることができたので、大満足です(^o^)

     入口 

     

    冬場の釣り堀に一度も行けなかったことが悔やまれますが、新しいテーマパークが出来てもとしまえんとの思い出は忘れずにいたいと思います(>_<)

     

    因みに跡地には、ハリー・ポッターのテーマパークと公園ができるのだとか。

    ご興味ございます方は完成を楽しみにしていてください(^^)/

     

    としまえん、94年間お疲れ様でした!ありがとう~(^o^)

    エルドラド

    花火 

     

     

    ではでは!

     

    浅井

     

     

     

  • スタッフの嘆き節
    95.カブトムシ

     

    こんにちは!残暑が続きますね(>_<)日焼けが気になるスタッフの浅井です、、、!

     

    私は普段自転車を利用して通勤をしているのですが、先日帰宅中に道端でカブトムシを発見しました!

    何かうごめく黒いものが道の真ん中にあると思ったらカブトムシがゆっくりと歩いていたのです、、、!

     

    珍しいなと思って写真を撮っていたらなんと私の自転車に飛び移ってしまい、なかなか降りてもらえず数分手こずりました()

     

    どこかのおうちから脱走してきたのか、近くの公園に棲んでいたのかわかりませんが、まさか高田馬場近辺でカブトムシにバッタリ出くわすとは、、、(*_*)

    患者様のお話によると、近くのおとめ山公園ではカブトムシやクワガタが捕れるのだとか!

    大都会新宿でもいるところにはいるのですね。

     

    ちなみにカブトムシは、てこの原理を利用して攻撃することが多いため角が長いほうが闘いにおいて有利とされています。

    しかし、天敵から捕食されるのを回避するには角が短いほうが有利なのだそうです。

    角の長いカブトムシは、闘争は得意でも逃走は苦手なのですね(^^;)

    種の繁栄としてはいったいどちらのほうが良いのでしょうか、、、?

      

    余談ですが、世界最大のカブトムシとしてギネス記録に載っているものはなんと9cm近くもの大きさを誇るそうで、俳優の哀川翔さんが飼育したものだそうです()

     

     

    カブトムシを見かけたりセミの鳴き声を聞いたりすると、遅めの夏を実感できますね(^^)

    皆様も熱中症や夏バテには十分お気を付けていただきながら、身近なところで季節の移ろいを楽しんでいただければと思います!

     

    IMG_20200803_215546

     

    浅井

     

     

     

  • スタッフの嘆き節
    94.脱水

    こんにちは!なかなか梅雨が明けないですね、、、スタッフの浅井です(>_<)

     

    先日、食あたりなのか寒暖差のせいなのか突然お腹を壊してしまいました(T_T)

    中に食べ物があってもなくても胃がキリキリと痛み、お腹は下しっぱなしでとにかく辛かったです、、、。

     

    水分は気を付けて取るよう意識していたのですが、胃痛のせいで少しずつしか飲めず、そのうえお腹は下しているため、自宅で横になっているうちに脱水症になってしまいました(T_T)

     

    主だった症状は、唇が乾燥する、尿が出なくなる、ぼーっとする、だるい等でした。

    しかし、お腹の不調もあり、脱水症だと認識して水分をたくさん取ることができませんでした。

    (脱水症・熱中症では判断力も低下するようです、、、)

     

    とにかく身体を休めようと睡眠を取ったところ、その間水分を取れなかったからか脱水が進んでしまい、、、

    汗が止まらなくなり、顔は火照り、頭が痛くなり、起き上がるとフラフラしてしまい、身体中の筋肉がつるようになってしまいました(>_<)

    脱水症が悪化し、熱中症になってしまったためこれらの症状が表れたのだと思います。

    並行してお腹も下し続けており、胃痛で水分も沢山は取れず、汗はたっぷりかいたため、水分が出ていくばっかりになってしまったのですね(*_*;)

     

    人の身体では基本的に水分の大部分が腸で再吸収されます。

    つまり口から水分を摂取しても腸の調子が悪く、水分をうまく再吸収できないと便と一緒にその多くが排泄されてしまいます。

    お腹を壊すと脱水症になりやすいのはこのためです。

    この場合、出ていく水分より少しでも多く水分補給を行うことが重要となります。

    何かを摂取すると胃や腸が痛むときは、こまめに少しずつ飲んでください。

    口の中を湿らせるだけでも水分補給となりますので、飲み込めない場合は口をゆすいでみてください(^^)

     

     

    私に出た症状のほかにも、尿量が減る、尿が濃くなる、食欲がなくなるなども脱水のサインだそうです、、、!

     

    梅雨が明けたらまた一層暑さが厳しくなるかと思いますので、皆様くれぐれもお気を付けください(>_<)

    私も体力をかなり奪われてしまったので、夏に向けてトレーニングやウォーキングで徐々に戻していきたいと思います(^-^;

     

    浅井

     

    bottle-2032980__340[1]

     

     

  • スタッフの嘆き節
    93.再開!

    関東も梅雨入りしたようですが、皆様体調はいかがでしょうか?

    スタッフの浅井です(^o^)

     

    緊急事態宣言解除に伴い、新型コロナウイルス感染予防と経済・社会活動再開のための東京ロードマップが実行されていますね!

    当院も休業要請緩和ステップに従い、6月1日よりトレーニング・健康体操教室を再開いたしました(^^)/

     

    当面は新型コロナウイルス感染予防のため衛生面の管理を強化した状態で行わねばならず、皆様にはまだまだご不便ご面倒をおかけいたしますが、ご協力のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

     

    具体的には、休止直前にご協力いただいた内容と相違なく、以下の通りです。

     

    ●体調不良(息苦しさ・倦怠感・熱がある等)の方、新型コロナウイルスに感染している・感染の可能性がある方はご利用をお控えください。

    ●ご利用人数を制限しておりますのでご利用の際は必ず事前にご予約をお願いいたします。

    ●マスクの着用・ご来院前後での手指消毒の厳守をお願いいたします。

    ●トレーニングご利用の際は、使用後の器具の消毒へご協力ください。

     

     

    空調面に関しては最大限努力させていただいておりますが、マスク着用かつ換気をしながらの運動は通常よりも息苦しく顔周辺に熱がこもりやすくなります。

    こちらでもお声かけさせていただいておりますが、こまめに水分を補給したり休憩を挟んだり、熱中症・脱水症状にはくれぐれもお気を付けください。

     

    当院ではドリンクのご購入も承っておりますし、他の方のご迷惑にならないものであれば冷却グッズ等ご利用いただいても構いません(^^)

     

    気分が悪い、暑すぎる・寒すぎると感じた際は、無理をせずすぐにスタッフにお申し付けください!

     

     

    例年とは全く違う春が過ぎ去りましたが、例年通りアジサイが綺麗に咲いていることに少しほっとしました(^-^;

    不要不急だけれど私たちを豊かにしてくれる様々なことを楽しめる日々に、少しずつ戻っていけるといいですね!

     

    IMG_20200531_140914cp 

     

     

     

    浅井

     

     

     

  • スタッフの嘆き節
    92.ラジオ体操第二②

     

     

    緊急事態宣言が解除されましたね!スタッフの浅井です(^o^)

    とはいえまだまだ油断は禁物です、、、!

    ラジオ体操第二もしっかりマスターして免疫力をUPさせておきましょう☆

     

     

    【腕を回す運動(第二ver.)慣性を利用しましょう!

     

    腕を下ろした直立の姿勢から、腕を前に伸ばしたあと横に開き、前に戻したのち後ろに引いてから前を通って後ろに回す運動です。

    腕が、前→横→前→後ろと動いてから前を通って1回転するので少々複雑ですね(^-^;)

     

    腕を回す運動

     

    この運動も、遠心力や重力などの慣性を利用して行うと楽に大きく動かせます!

    腕を後ろにもっていく際は重力を感じてストンと落とすようなイメージで。

    1回転させるときは重力と遠心力を感じて動きに強弱を付けてみてください☆

    主に肩甲骨を動かして腕が付いてくるくらいの意識のほうが余分な力が抜けやすいかと思います!

    また第一の腕を回す運動同様、軸を意識するのもお忘れなく(^^)/

    腕の動きに合わせて骨盤や頭が前後に動いてしまうのは、軸がブレている証拠です!

    腕が前にあるときは重心がカカトに、後ろにあるときは母趾球に移動するのを足の裏でよくよく感じてみてください!

     

     

    いかがでしたでしょうか(^o^)

    第二はやはり動きが少し難しくなるので、上手くイメージできない方はぜひFacebookの動画もご参考ください♪

    次回は【胸を開く運動(第二ver.)】です☆

     

     

    浅井

     

    当院のFacebookページでは見本の動画も掲載しておりますので、是非ご覧ください!

    https://www.facebook.com/profile.php?id=100009706115941

     

     

  • スタッフの嘆き節
    91.ラジオ体操第二①

     

    こんにちは!スタッフの浅井です!

    今回からはラジオ体操第二をご紹介していきたいと思います(^^)/

    第二はやったことがないという方もいらっしゃるようなので、やり方と+αのポイントをご説明していければと思います。

    第一の運動と基本の流れは同じで各運動が少しレベルアップしています!

     

     

    【全身をゆする運動】各関節が自然に動くようにゆすりましょう!

     

    直立の状態で軽く全身をゆするように跳ぶ運動です。

    各関節が自然に動くということが目的なので、無理に跳ぶ必要も、力いっぱい大きく動かす必要もありません。

    脱力して手脚の関節がブラブラと勝手に揺れてしまうようなイメージで行ってください!

    ただ背骨の関節まで動きを出そうと脱力すると軸が崩れてしまうので背スジは起こしたままで(^^)/

     

     

    【手脚の運動(第二ver.)手と肩甲骨を連動させましょう!

     

    手脚の運動は、手脚を曲げ重心が下がったのち、手脚を伸ばしつま先立ちとなるところまでは第一と同じです。手脚

    そこからもう一度手脚を曲げ、写真の動きを2回行ってから直立の姿勢に戻ります。

    少し複雑な動きなので、やったことのない方はぜひ動画をご参考ください(^^)

    軸を保ったまま手脚の動きを連動させるという点は第一と全く同じです。

    第二ver.のポイントは写真の動きの際に、手の平が外側を向くように肘から先の腕を回旋させることです!

    これは公式な動作とは異なるのですが、肩甲骨と手が同じように動く、つまり連動することによって、肩甲骨は内側に入りやすくなります。

    実際に手の平の向きを内・外と変えて肩甲骨の動きを感じてみると違いがわかりやすいかと思います(^o^)

     

     

    今回は導入部分の2種目をご紹介させて頂きました!

    次回は【腕を回す運動(第二ver.)】からです☆

     

     

     

    浅井

     

     

  • スタッフの嘆き節
    90.ラジオ体操第一⑨

     

    ついにラジオ体操第一のおさらい最終回です!

    最後までぬかりなくやっていきましょう(^^)/

     

    【手脚の運動】【深呼吸】 クールダウンを図りましょう!

     

    手脚の運動を再度行ったのちに腕の動きに合わせて深呼吸をします。

    動き自体は今まで登場した種目のおさらいとなります!

    前半の動きを再び行うのは、身体をクールダウンさせる必要があるからです。

    クールダウンとは、運動のあとに興奮状態にある心身を徐々に静めていく、つまり上昇した心拍数や血圧、呼吸数を緩やかに下げ、心を落ち着かせるということですね(^o^)

    なぜ興奮状態は緩やかに静めるべきなのかというと、運動を急に停止するとめまいや卒倒を起こしたり呼吸が乱れていわゆる過呼吸に近い状態になったりする可能性があるからです。

    ラジオ体操は激しい運動ではないかもしれませんが、運動が身体に及ぼす影響は、人はもちろんその日の体調や環境により異なります。

    ラジオ体操といえどもポイントを押さえしっかりやると意外と疲れるものです(^-^;

    甘く見ずにきちんと身体をクールダウンさせましょう!クールダウン

    なかなか興奮状態が落ち着かないなと思ったら16呼間・音楽のテンポにこだわらず、多めにゆっくりと行うのも良いと思います(^^)

    ただ、疲れているときほど細かい部分が疎かになりやすいものです!

    手脚の運動は、軸を保つこと、手脚の動きを連動させること(83.ラジオ体操第一②)

    深呼吸は、吸息時に胸郭が三次元的に膨らみ、呼息時に風船がしぼむように戻ること(84.ラジオ体操第一③)

    これらのポイントは必ず押さえて行ってください!

     

    因みに疑問に思った方もいらっしゃるかと思いますが、当院では敢えて両カカトをくっつける気を付けの姿勢ではなく、股関節の幅に足を広げたスタンスを推奨しています!

    歩行もそうですが、体操をするのにも軸や重心が安定しやすいからです(^o^)

     

     

     以上でラジオ体操第一全種目のおさらいが終了しました(^^)/

    緊急事態宣言解除も見えてきましたが、せっかくなので第二のポイントもおさらいできればと思っています!

    引き続き宜しくお願いいたします☆

     

    ※当院のFacebookページでは見本の動画も掲載しておりますので、是非ご覧ください!

    https://www.facebook.com/profile.php?id=100009706115941

     

    浅井

     

     

  • スタッフの嘆き節
    89.ラジオ体操第一⑧

     

     

    なんだか梅雨がやってきたような天気ですね(*_*;

    いよいよラジオ体操第一も大詰めです!

     

    【両脚で跳ぶ運動(ジャンプ)】 痛いところまでやらないようにしましょう!

     

    軽く跳んだのちに手脚を大きく開閉しながら跳ぶ、負荷の大きな運動ですね。

    ここでの重要なポイントは、痛いことは無理にやらないという点です。開く 跳ぶ

    今までおさらいした軸や出力などのポイントはしっかり押さえて頂いたうえで、それでも痛みのある場合は、行わないという選択も良い動きを獲得するために必要です。

    痛みは身体に異変が起きているというシグナルです。

    痛むということは身体が損傷していたり無理のある使い方をしていたりすることが多いので、それらを改善しない限り、痛みが消えることはありません。

    リズム良く身体をゆすったり、手・脚だけ動かしたりすることも身体への良い刺激となりますので、痛みが出る際は無理に跳ぼうとしないでください(>_<)

    片脚だけ痛む方の動きで、片脚のみ荷重して跳んだり痛くない脚のみ開閉したりされるのを見かけることがあります。[写真2]

    これらも一見近い運動ができているようですが、結果的に荷重・非荷重の左右差を広げることになるため、行わないほうが身体に良いでしょう。

    また上に跳ぼうと一所懸命になると、肩から力んで上半身を引っ張り上げるような動きが先だってしまうことがあります。[写真4]

    上半身は脱力して、おへその下あたり(重心)がボールのように弾むイメージでジャンプしてみてください(^o^)[写真3]

     

    痛みの出る動きを避ける、痛いところまで行わないというのは体操だけでなく日常生活でも重要なポイントです。

    とはいえ本当は痛くない動きでも、過去に痛めた記憶などで予防線を張るように筋が緊張し、不必要な痛みを生むこともあります。

    呼吸を整えると落ち着くこともありますので、この機会によくよくご自身の身体と向き合ってみてください!

    次回はクールダウン種目、再登場【手脚の運動】【深呼吸】です☆

     

    ※当院のFacebookページでは見本の動画も掲載しておりますので、是非ご覧ください!

    https://www.facebook.com/profile.php?id=100009706115941

     

    浅井

  • スタッフの嘆き節
    88.ラジオ体操第一⑦

     

    ラジオ体操第一の復習も終盤に差し掛かってきました!

    動きもダイナミックになってきていますので行う場所や周囲の物にはくれぐれもお気を付けください(>_<)

     

     

    【身体を大きく回す運動】 慣性を利用して動きに強弱をつけましょう!

     

    スタンスを広く取って股関節を支点に大きな円を描くように骨盤から上を回す運動ですね。

    今までのチェックポイントが盛りだくさんで、効率的に大きく行うのがなかなか難しい種目です、、、!

    この種目で今回重視して頂きたい部分は、遠心力や重力などの慣性を利用して動きに強弱をつけるという点です。回す

    身体で大きく円を描くといっても、正確に円を描くように等速で運動を遂行するのは、効率的ではありません。

    遠心力や重力を利用しながら効率的にこの運動を行うと、大縄跳びの縄のように上(後ろ)でスピードが遅くなり、下がるにつれ加速していくような動きとなります!

    動き出しで出力したらあとは身体の重さと慣性を利用して運動を遂行しましょう!

    描く円は平面的なものでなく、三次元的に前後方向にも大きく動かせると理想的です☆

    ただ、可動域に差があったり痛みがあったりする場合は綺麗な円を描けなくとも出来る範囲で構いません(^o^)

    1回身体を回し終わり、逆方向に回す際はきちんと身体を起こした状態から始めることも忘れずに!

    身体を曲げた状態から始めると大きな円を描けません。ショートカットはなしで(^^)/(笑)

     

     

    ダイナミックで少し複雑な運動になってきましたが、皆様いかがでしたでしょうか?

    きっちりやるとなかなか疲れると思うので、この運動も実際よりもテンポを落とすとやりやすいはずです!

    次はいよいよ難関となる【ジャンプ】です、、、!無理なくやっていきましょう(^^)/

     

    ※当院のFacebookページでは見本の動画も掲載しておりますので、是非ご覧ください!

    https://www.facebook.com/profile.php?id=100009706115941

     

     

    浅井

     

  • スタッフの嘆き節
    87.ラジオ体操第一⑥

     

    急激な気候の変化に身体がついてゆかないですね(>_<)スタッフの浅井です。

    ラジオ体操といえども温度管理や水分補給にはくれぐれもお気を付けください!

    それでは続きをおさらいしていきましょう~☆

     

     

    【斜め下に前屈・胸を開く運動】 身体の中心部から動かしましょう!

     

    斜め下開く胸

    4呼間で上半身を斜め下に前屈させたのち正面で胸を開く少しハードな運動ですね。

    大きく動いて頂きたいので、実際のテンポよりもゆっくりやるイメージが良いかもしれません(^^)

    ポイントは、動きの中心となる部分(この運動では股関節)から動かすというところです。

    両手を足元にもっていく姿が印象的ですが、足や床に触れることが目的ではありません。

    目標物に向けて、末端部から動かし始めたりギューっと力で無理やり動かしたりするのは非効率的な身体の使い方です!

    人間の身体は基本的に中心部に大きな筋肉が、末端には小さな筋肉が付着しています。

    大きさが違えば役割も異なり、簡単に説明すると大きな筋肉は大きな力を発揮することに長け、小さな筋肉は細かい動きを調整することに向いています。

    したがって効率よく大きな動きを出すためには中心部の大きな筋肉から使うことが重要となります!

    公式の動画のお姉さんたちは美しさを競う体操選手なので、指先まで小さな筋肉で調整しながら美しく行っています。

    しかし効率的な身体の使い方をマスターするためには、まず大きな筋肉から使い、中心部から動かせるようになりましょう(^^)/

    そのためこの運動も股関節から曲げ、上半身は脱力しているのが理想です。

    前屈した際は、太ももの裏側にストレッチ感が出るとgoodです☆

    起き上がる際も、お尻や太ももの裏の大きな筋肉を使うイメージで行ってみてください!

    胸を開く運動は、スタッフの嘆き節84.ラジオ体操第一③』をご参考下さい。

    この運動も手元からではなく、肩甲骨から動かして胸郭の面積を広げてあげましょう!

    序盤の胸を開く運動と異なる部分は、斜め下に前屈したのちに胸を開くという点です。

    上半身を少し前屈させたまま、あるいは斜めを向いたまま行ってしまうケースがよく見受けられます。

    上半身と下半身の軸が真っ直ぐになった状態かつ正面で行えているかどうか、鏡や他人の目を利用して確認してみてください(^o^)

     

     

     

     

    いかがでしたでしょうか!

    因みに私も今回Facebook用の動画を撮影してみて、恥ずかしながらやっているつもりで出来ていないことが沢山ありました、、、(^-^;

    皆様も上手くフィードバックを受けながら行ってみるとより良い動きに繋がるかと思います!

    次は【身体を大きく回す運動】です!かなりダイナミックな運動となります(>_<)

    今までのおさらいをして身体も頭も準備しておいて下さい(^^)/

     

     

    ※当院のFacebookページでは見本の動画も掲載しておりますので、是非ご覧ください!

    https://www.facebook.com/profile.php?id=100009706115941

     

    浅井

     

     

     

  • スタッフの嘆き節
    86.ラジオ体操第一⑤

     

    GWはなんだか夏が近づいてきたような暑さでしたね、、、!

    皆様体調管理は上手く出来ておりますでしょうか?スタッフの浅井です。

    ラジオ体操のおさらいも後半戦に突入です(^o^)

     

     

    【腕を上下に伸ばす運動】 使う力の強さを調節しましょう!

    kibikata

    kibiue

    キビキビと手脚を連動させながら腕を上に伸ばして下に戻す運動ですね。

    メリハリを出そうと力強くやられる方の多い運動ですが、出来るだけ弱い力でONOFFの切り替えをしっかりと行うことが重要です!

    腕を上げるときは自分の腕を持ち上げる分だけの力を、カカトを上げるときは身体を持ち上げる分だけの力を使いましょう(^^)

    運動に不必要な部分の力をどれだけ抜けるかが鍵となってきます!

    また、動かない場面でもしっかりと脱力できると弱い力でも十分メリハリのある動きとなります☆

    動作のなかで特に注意して頂きたいのは、肩に触れる動きの際に脇を締めて肘を体側に近付けるという点です。

    脇が開いていたり、肘から先の腕が身体の正面にきていたりすることが多いかと思いますので、気を付けてみてください(^^)/

    背骨に近づけるように両肩甲骨を内側に寄せるイメージで行うと良いフォームとなりやすいはずです!

    腕を上に伸ばす際も、首と肩の隙間がなくならないよう注意しましょう!

    呼吸を止めてしまうと前述のような力みが出やすいので、動く場面で息を吐くことも忘れずに(^o^)

     

     

    いかがでしたでしょうか?

    何気なく行っていた動きも、目的や注意点を意識しながら行ってみると一味違う運動になりますよね(^^)

    こうして効率の良い身体の使い方を身に付けていくと痛みや怪我の予防に繋がっていきます!

    どの年代の方でも良い動きを繰り返していくことで身体は変わっていきますので、少しずつでも継続して意識してみてください☆

    次回は【斜め下に前屈し胸を開く運動】です! ハイブリッドな種目になってきましたね!

    これまでの種目のポイントを今一度おさらいしておいてください(^^)/

     

    ※当院のFacebookページでは見本の動画も掲載しておりますので、是非ご覧ください!

    https://www.facebook.com/profile.php?id=100009706115941

     

     

     

    浅井

     

     

     

  • スタッフの嘆き節
    85.ラジオ体操第一④

     

     

    こんにちは(^o^)

    花粉が落ち着き始め、洗濯物を外干し出来るのが嬉しいスタッフの浅井です()

    新型コロナウイルスの終息も待ち遠しいですね(>_<)

    この状況下に役立つラジオ体操!さっそく今回も掘り下げていきましょう~!!

     

     

    【前後屈の運動】 重心移動を意識しましょう!

     前屈

    後屈

    股関節を中心に骨盤から頭までを前後に曲げる、動きの大きな運動ですね。

    転倒せず効率よく大きく動くために、足の裏で重心が前後に移動するのをよく感じましょう

    カカトから足の親指の付け根(拇趾球)の間を重心が移動していきます!

    下駄のようにカカトと拇趾球の2点だけ感じるのではなく、1㎜ずつ細か~く移動していくのを感じるようなイメージで(^^)

    前屈していくときはカカト→拇趾球、後屈していくときは拇趾球→カカトと重心が移動します。

    拇趾球を超えたり、カカトやつま先が浮いたりしないよう気を付けてやってみて下さい!

    こちらも手脚の運動同様、曲がるのは主に股関節です!

    前屈の場合は背骨から折り曲げないように、後屈の場合は背骨が逆C字にしなるように意識してみて下さい!

     

     

     

    【身体を捻る運動】   遠心力を利用しましょう!

     捻る

    リズムに合わせて身体を左右に捻りながら腕を振る運動ですね。

    この運動では慣性、なかでも遠心力を使うことを意識して下さい(^o^)

    イメージして頂きたいのは、振ると音が鳴るデンデン太鼓あるいは火消しの纏(まとい)です!

    あれらのように中心の軸が回旋することで、付属する紐が大きく振られ、まとわりつくように戻るという動きを意識してみて下さい。

    この運動の場合、中心となる軸は脊柱、紐は腕になります。

    回旋する軸が頭から1本刺さった串のようにブレない(お尻が左右に振れない)というのも

    ポイントです!

     

     

     

    今回まででだいたい半分くらいの種目をおさらいできました(^^)

    ポイントを押さえて行ってみると意外と前半戦だけでも息が上がってくるかもしれません、、、!

    次は【腕を上下に伸ばす運動】からです!キビキビと動くあの運動ですね。

    後半戦もしっかり復習していきましょう~♪

     

     

    ※当院のFacebookページでは見本の動画も掲載しておりますので、是非ご覧ください!

    https://www.facebook.com/profile.php?id=100009706115941

     

     

    浅井

     

     

     

  • スタッフの嘆き節
    84.ラジオ体操第一③

     

     

    朝晩と日中の寒暖差が激しいですね(>_<)スタッフの浅井です!

    ラジオ体操の奥深さ、少しは皆様に伝わっていますでしょうか、、、?

    今回もラジオ体操第一の続きです(^^)

     

     

    【胸を開く運動】 呼吸を意識しましょう!

     

    胸開く運動

    腕の振りに合わせて、胸(鎖骨肋骨部分)の表面積を広げる運動ですね。

    胸を反らす運動として紹介されることが多いですが、開くという表現のほうが良い動きをイメージしやすいかと思います(^o^)

    呼吸は筋緊張、血圧や心拍数に密接に関係します!

    呼吸が浅くなったり止まったりすると身体は興奮状態になり、筋の過緊張、血圧や心拍数の上昇等を招きます。

    心臓や血管、筋に負荷をかけすぎないよう、キツイところ・力みやすいところで息を吐くというのがポイントになります!

    また、息を吸うときも肩周りや腰・お腹に力を入れて吸わないようご注意ください!

    この運動では、胸を開くときに胸郭が膨らむように息を吸い、閉じるときは風船から空気が抜けるように吐きましょう(^^)/

     

     

    【体側を伸ばす運動】 動きの方向(ベクトル)に注意しましょう!

     

    体側

    腕に合わせて背骨をCの字に倒し、身体の側面を伸ばす運動ですね。

    ただ単に腕を上げ下げする運動ではありません!

    したがってこの運動では、正確に“真横”に腕と身体を倒すことが重要になります!

    真横に倒しているつもりでも、身体が捻られて前に傾きやすい種目です。

    腕は耳に付いているでしょうか? ※無理に付ける必要はありません

    また伸ばさない方の腕は脚の真横に沿っているか、両足がしっかり地面に付いているか等々、よくよく注意すると身体の側面がしっかり伸ばされます^^

     

     

    だんだんと大きな動きの種目になってきましたね!

    もちろん皆様今までご説明してきたポイントは他の種目でも意識しながら出来ていますよね~?()

    次は【前後屈の運動】です!

    引き続きお付き合い宜しくお願いいたします(^o^)

     

    ※当院のFacebookページでは見本の動画も掲載しておりますので、是非ご覧ください!

    https://www.facebook.com/profile.php?id=100009706115941

     

     

     

     

    浅井

     

     

  • スタッフの嘆き節
    83.ラジオ体操第一②

     

    こんにちは!スタッフの浅井です!

    皆様ラジオ体操はお試し頂けましたでしょうか(^^)

    今回も残りの動作をどんどん掘り下げていきたいと思います!

     

     

    【手脚の運動】 各部位を連動させましょう!

    手脚 blog用

    腕を振りながら脚の曲げ伸ばしを行う運動ですね。

    リズムに合わせて動かす部位を連動させるのがこの種目のポイントです!

    股関節足関節が同時に曲がり重心が下がるときは、腕の位置も下に。

    反対に下肢が伸びカカトが上がり重心が上がるときは、腕も上に。

    この各関節の動きを揃えて最後までやってみましょう!

    膝の曲がる方向とつま先の向きが同じだと連動させやすくなります☆

    あと股関節を曲げているつもりが誤って腰(体幹)から曲げてしまっている場合もあります

    。ご注意を(^^)/

     

    【腕を回す運動】 軸を意識しましょう!

     腕回し前

    腕を大きく前へ・後ろへ回す運動ですね。

    ポイントは、頭からカカトまでの軸をブレさせずに肩甲骨から大きく回すことです!

    頭から1本串が刺さったようなイメージで、上肢帯(鎖骨・肩甲骨から手まで)以外の部分を動かさないということですね。 腕回し後ろ

    バランスを取るように、腕が前にきたときにお尻を引いてしまったり、腕が後ろにきたときに身体を反らせてしまったりしないように気を付けてみてください!

    腕に合わせて自然に重心が移動するのはGoodです☆

    変化する重心の移動を足の裏で感じながら、足の裏が床から離れないように行うとやりやすいはずです(^^)/

    重心移動に関しても他の種目でもう少し触れる予定なので、乞うご期待ください!

     

     

    今回のポイントは、連動と軸でした!

    他の種目でも意識して頂きたい重要なポイントなのでしっかりここで押さえておいてください(^o^)

    次回は、【胸を開く運動】からです☆

     

     

    ※当院のFacebookページでは見本の動画も掲載しておりますので、是非ご覧ください!

    https://www.facebook.com/profile.php?id=100009706115941

     

    浅井

     

     

     

  • スタッフの嘆き節
    82.ラジオ体操第一①

    こんにちは!スタッフの浅井です(^^)

    日中は春めいた陽気になってきましたね!

     

    今回は前回予告したラジオ体操をさっそく掘り下げていきたいと思います!

     

    因みに実際に行う場合、まずは音楽なしで4呼間・8呼間など数えながら行うのがオススメです!

    このカウントも種目によって微妙に違い、こだわると奥が深いのですが、音楽に合わせて行うと細かい部分が疎かになりやすいので、まずはご自身のテンポでやってみて下さい!

     

    それでは、まずラジオ体操第一からいってみましょう♪

     

     

    【はじめに】 真っ直ぐ立ちましょう!

     立位

    動き出す前に確認して頂きたいのが姿勢です。

    イントロの段階で真っ直ぐ立てているか注意してみて下さい。

    当院の“理想”とする立ち姿勢のポイントは、

    壁に背を付けて立ったとき頭肩甲骨お尻カカトが壁に付く、です!!

    各運動の前後など必ずこの理想的な立位姿勢に戻るよう意識してみて下さい☆

    これだけでも案外きついかもしれません、、、!

    ただあくまで“理想”なので、身体の状況によってはこの姿勢をとることが難しいこともあります。

    その場合は無理なく“理想”に近付けるイメージで構いません(^^)

     

     

     

     

     

     

     

     

    【伸びの運動】 重力を利用しましょう!

     運動伸びの

    呼吸に合わせて腕を前から上げ、横に下ろす伸びの運動ですね。

    ここでのポイントは慣性、つまり自然の力を利用して運動するということです!

    特にこの運動では腕を真上に持ち上げた後、下ろすときに“重力”を利用しましょう!

    筋肉で下に引っ張るのではなく、ボールが地面に落ちるようなイメージでストンと脱力して腕を落としてください!

     

     

    まずは、2つのポイントをご紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか(^^)

    あっさりできましたか?意外と難しかったでしょうか?

    次回は、【手脚の運動】からご紹介いたしますので、お楽しみに(^o^)

     

    ※当院のFacebookページでは見本の動画も掲載しておりますので、是非ご覧ください!

    https://www.facebook.com/profile.php?id=100009706115941

     

    浅井

     

     

     

  • スタッフの嘆き節
    81.運動不足解消

     

     

    だんだんと暖かくなってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

    スタッフの浅井です。

     

    不安な日々をお過ごしの方も多くいらっしゃることと思います。

    当院でも緊急事態宣言を受け、健康運動教室・トレーニングを当面の間休止しております。

    毎週行っていた体操教室、毎日のようにやっていたトレーニング習慣がなくなり、運動不足を如実に感じ始めている方もいらっしゃるようです、、、。

    そのような皆様が自宅にいる時間で少しでも健康を維持・増進できればと思い、Blogを書かせて頂きました。

     

    まずは当院でご紹介しているストレッチや呼吸法・姿勢の取り方など覚えていらっしゃる方はHPでおさらいしながら是非実践してみて下さい!

    さらに他のこともやってみたいという方にオススメしたいのが、『ラジオ体操』です!

     

    「今更やりたくないよ~」という方もいらっしゃれば、「もう毎日やっているよ~」という方もいらっしゃると思います。

    ですが、そのような皆様にもいま一度ラジオ体操の奥深さを是非知って頂きたいのです、、、!

     

    実際に健康運動教室でも準備体操として毎回取り入れており、「休止中に当院独自のポイントをおさらいしたい!」という有難いお声も頂きました(^o^)

     

     

    皆様も一度はご経験があるはずのラジオ体操第一ですが、動く前の姿勢や動作中の呼吸、重心の移動など意識したことはございますか、、、?

     

     

    道具も要らずどこでもできるラジオ体操、まずは皆さん思い出しながら挑戦してみて下さい!!

    参考となる動画とテレビ・ラジオ放送をこちらに記載しておきます☆

     

    動画:ラジオ体操第一 https://youtu.be/feSVtC1BSeQ

       ラジオ体操第二 https://youtu.be/dzQIMo-Xvyg

     

    図

     

     

    次回から当院独自の視点で捉え直したラジオ体操の簡単なポイントを少しずつご紹介していきます!

    乞うご期待下さい(^^)/

     

     

     

    浅井

     

     

     

上に戻る