院長の独り言

院長の独り言
インカレ2019

今年も競泳のインカレ(全日本学生選手権)が終わりました。

学生日本一を決める大会であると同時に母校の名誉、威信をかけた学校対抗戦でもあります。

 

関わった人は皆、「インカレは特別」と言います。

私にとってもそうで、心身共に疲弊します。笑

 

試合前日からチーム帯同したので3日半。

超濃密な時間を過ごして喜怒哀楽がごちゃ混ぜで感情が定まらないような感じです。

 IMG_3015[1]

大会は大いに盛り上がりました。

我々選手・関係者が会場入りする時間には観客が長蛇の列で待っていました。

スタンドは写真のように満員でした。

 

トレーナーをさせて頂いている鹿屋体育大学もチーム一丸頑張りました。

エピソードを挙げようと思っても枚挙にいとまがありません^^

 

強いて一つ挙げるなら…男子400mフリーリレーでしょうか。

レース前のランキングは25^^;

予選では4人全員がベストで泳ぎ、大幅にタイムアップして16位に。

 

予選通過ラインギリギリに滑り込みました(^^)

決勝は9位から16位が決まるB決勝でしたがそこでタイムを2秒以上縮め、さらに順位を4つ上げてくれました!

もちろん予選からベストメンバーで交代はありません。

 

長く水泳を見てきましたがリレーメンバー全員がベストで泳ぐこと自体、これまで記憶にない位珍しいことです。

 

レースでの選手の頑張りは言うまでもありません。

このレースに至るまで日々の練習やチームメイトのサポートなど、多くのことが良い方向に噛み合っての結果だと思います。

(前回の院長の独り言もご参照下さい)

 

個人でなくチームとして良い取り組みが噛み合った時、結果は想像を超えた相乗効果をもたらすという良い例となりました^^

 

疲労感や感覚が落ち着く頃には国体となります。

国体にも参加される選手、関係者の皆様、もうひと踏ん張り頑張りましょう!

インカレで終了した方々にはリフレッシュして頂き、新シーズン・新たな人生が良い方向に向かうよう祈っています。

 

«一覧に戻る

上に戻る